栄養摂取に気を付ける

女の人

腎臓病食というと様々な制限があってストレスが溜まるかもしれないという先入観がありますが、実際はそうではありません。腎臓病食は自分で作ると栄養計算がしにくいのですが、現在は冷蔵やレトルトの宅配食の人気が出ています。なぜなら、これを有効活用すれば摂取を控えるべき栄養素とされているタンパク質・カリウム・リン・塩分をカットできるからです。日本人の多くが過剰摂取しているとされる塩分は1食あたり2gにしており、宅配腎臓病食を食べる事で症状と仲良く付き合えます。ちなみに、腎臓病食は酢や出汁といった調味料・野菜類のカット方法を工夫して素材の旨味を引き出しているので、低塩分であっても飽きの来ない味となっています。

醤油・ソースといった塩分が濃い調味料を普段から使っていた場合は腎臓病食に慣れにくいのが一般的です。しかし、宅配腎臓病食は毎回違ったメニューで和洋中のレシピで届く事が多く、飽きにくいので薄味であっても数週間で慣れるでしょう。宅配食の注意点としては主食のカロリーコントロールが非常に大切であり、300kcal以内に抑える事が大切です。低タンパク米を提供している業者も多いので、計算が大変な場合はコストが掛かりますが有効活用しましょう。自分で準備する場合は通販でも購入可能となっていて、袋やレトルトタイプがあります。腎臓病は長期治療となりますが、努力によって症状が緩和したり安定しますので仲良く付き合うのが大切です。